健康・生活改善 睡眠 読書

【要約/書評】昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です~明日が変わる大人の早起き術~【井上皓史】

朝活コミュニティ「朝渋」代表で、株式会社Morning Labo取締役の「井上皓史」さんが書かれた、「昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です~明日が変わる大人の早起き術~」を解説していきます。

 

この本は一言でいうと「22時に寝る習慣が自分の人生を変える」ということを教えてくれる本だ。

  

この本を通して、どんな人でも早起きできるよう方法を学び、自分の思い描いた人生を手に入れるメソッドを手に入れよう。

  

 

早起きするとやりたいことをする時間が増える

早起きの一番のメリットと言えば、何といっても使える時間が増えることだ。

 

英語の勉強がしたいとか、資格が取りたいとか、趣味に取り組みたいと思っているにも関わらず、使える時間は週末の数時間程度に過ぎない人も多いはずだ。

  

普通の人は、仕事終わりなどの「余った時間」にそういったことをすることになるんだけど、それは良くない事なんだ。

 

仕事が終わった後は、もう体も脳もエネルギーを出し切って疲れ切っている。

 

そんな状態で勉強をしても集中できないのは目に見えているし、続かない。

 

だから、大切な事は朝早く起きてやるべきなんだ。

 

早起きすると心身ともにすっきりとした状態だし、時間があるから心に余裕も生まれる。

 

朝ほど重要なことをするのに向いている時間はない。

 

できれば、朝起きてスマホやテレビを見てぼーっとする無駄な時間を過ごすことがないように、近くのカフェにいって勉強や仕事に集中すると完璧だ。

 

実際に世界の著名人たちは朝早起きな人が多い。

 

アップルのCEOであるティムクックは、4時半に起きて6時までには部下にメールを済ませるし、スタバの元CEOだったハワード・シュルツも同じく4時半に起きて6時前には出勤していた。

 

私たちが彼らのような成功者の習慣を真似しない手はないだろう。

 

22時に寝て、5時に起きる

この本では、朝5時に起きることをおすすめしている。

 

なぜ5時なのかというと、朝起きてから出社するまでの間に、2時間は絶対に確保したいからだ。

 

朝の時間が30分では何も変えられないし、1時間でも少ない。

 

でも2時間あれば人生は少しずつ変えていける。

 

朝に毎日2時間勉強していれば結果が出やすくなる。

 

だから朝5時に起きることを推奨しているんだ。

 

1時間はシャワーや朝食、着替えなどの準備に使うとしたら、やはり5時には起きておきたいというわけだ。

 

ちなみに、それより早く起きることも構わないが、睡眠時間が短すぎて頭がぼーっとしてしまったり、二度寝してしまう可能性がある。

 

たっぷり睡眠時間を取ったうえで、早起きしなければ何の意味もない。

 

だから、この著者は夜22時に寝て、7時間たっぷり睡眠をとって朝5時に起きているというわけだ。

 

もちろん人によって睡眠時間は違うから、朝2時間確保できるように起きる時間と寝る時間を調整してみてほしい。

 

早起きすると会社から評価される

早起きした時間を仕事に使うと、「会社からの信頼が得やすい」とこの本に書かれている。

 

想像してみてほしい。

 

会社に着くと必ず2時間前に出社して、黙々と仕事をしている人をみたらどう思うか。

 

きっと「この人、すごいやる気だ」と思うだろう。

 

逆にみんなと一緒の時間に来て、みんなと同じように2時間残業して帰るやつを見ても何も思わないだろう。

 

早起きを継続できるということは、その人が自己管理を徹底している証拠だ。

 

実際にこの本の著者は会社員の頃、始業時間より2時間早く出社するようにしたそうだ。

 

そうすると、朝の冴えた頭で仕事に集中できるので、効率的に仕事をこなせるようになり、昼過ぎにはもう1日の仕事をほとんど終えている状態になっていた。

 

もちろん残業をする必要もなくなり、社内での評価も上がり、ついにはその会社の始業時間が朝10時から9時に変更されることになったそうだ。

 

それくらい、早起きをして取り組むと大きな結果が得られやすいということだ。

 

早寝早起きをすると行動的になる

22時にねて朝6時に起きるのも、深夜4時に寝て11時に起きるのも、睡眠時間は同じ7時間だが、疲れ方が全く違う。 

 

朝に太陽の光をたくさん浴びて、脳からセロトニンを出して活動した方が、精神的にも安定しやすくなるし、アクティブに活動することができる。

 

何より「朝早く起きられた」という成功体験から1日が始まると、前向きに行動しやすくなるものだ。

 

早起きしてネガティブ思考になる方が難しいだろう。

 

早く起きて1時間で勢いづけてしまえば、その日1日も行動的になるはずだ。

 

朝起きて1時間をダラダラ過ごしていたら、その日1日もダラダラしたものになる。

 

早寝早起きをするにはどうすればいいのか

早起きのメリットを理解したところで、早起きを実践する方法について紹介していこう。

 

早起きの目的を明確にすること

朝5時に起きることに成功しても、その作り出した2時間で何をするかを決めていないと、早起き習慣は続かない。

 

早起きをして何をしていいのかわからないという人は、結局、早起きをしても家でテレビやスマホをダラダラと見て時間を過ごしたり、早く起きたにもかかわらず二度寝したりして、結局早起き自体を止めてしまう。

 

なぜうまくいかないかというと、早起き自体を目的にしているからだ。

 

早起きはあくまでも何かの目的を達成するための手段だ。

 

だから、自分に問いただしてみるんだ。

 

自分がどうしても欲しいものは何なのか、自分の人生で何を解決したいと思っているのかを。

 

目的を決めたら「ちょっとした楽しみ」を作るといいだろう。

 

朝にちょっとした楽しみがあると早寝早起きがより続きやすくなる。

 

例えば、朝喫茶店に行ってモーニングサービスを受けるとか。

 

毎朝少し豪華な朝食をとるとか、見晴らしの良い場所で綺麗な朝日をみるとかだ。

 

個人的には朝に熱いシャワーを浴びると、眠気も覚めてすっきりするのでおすすめだ。

 

夜にやっていることを朝に回してさっさと寝る

早起きをするために最も大事な事は、「早く寝ること」だ。

 

早く寝ることができれば自然と早く起きることができる。

 

そこで、夜にやっていることの中で、朝に回せるものは全て朝に回してしまうことだ。

 

夜に決まった時間になったらサクッと寝て、どうしてもスマホや映画が見たいのなら次の日の朝にみることだ。

 

夜にテレビやパソコン、スマホに触れていると目が冴えて寝つきが悪くなるから、スマホに触るのは特に朝にした方がいいだろう。

 

頑張らなければならないのは、朝5時に起きることではなく、毎晩22時に必ず寝ることだ。

 

柔軟性をもってやる

夜22時に決めても、人間だから守れない日もある。

 

親しい友人との飲み会やデートの誘いで、どうしても帰るのが遅くなるという日もあるだろう。

 

そんな日にまで「俺、22時に寝なきゃいけないから帰るわ」と言うのも良いことではないだろう。

 

ただし、これは「ルールを破ってでも自分がやりたいこと」だったらいいんだけれど、「職場の飲み会(2次会)」や「意味の無い残業」など、どうでもいい要件であればさっさと帰って、22時にに寝てしまうことを優先しよう。

 

あくまで「22時に寝る」というルールは、自分の人生をより良くする為の手段であって、目的ではないという点に注意しよう。

 

寝ることに縛られて、本当に大切なことをやらないでいるのは本末転倒だからだ。

 

書評

僕が朝活を始められるようになったきっかけの1冊が本書だった。

  

ポンコツ社会人の僕は、当たり前のように毎日残業をして帰り、少なくなった自分の時間を惜しむようにできるだけ夜更かしをして、翌朝始業の30分前に起きるというギリギリな毎日を過ごしていた。

 

夜更かしはいいとしても、毎日ギリギリ出社をすると、朝から時間に追われ心に余裕がない毎日を過ごしていたと思う。

 

朝活を始めてから、というより22時に寝るということを決めてから、僕の人生は明らかに好転したと思う。

 

22時に寝ても5時に起きることは中々難しいのだが、6時前には目覚まし時計をかけなくても自然に目を覚ますことができるようになった。

 

目覚まし時計から始まらない朝というのはとても快適だ。

 

自然に目を覚ましたということは、自分が満足する時間を寝れたということなのだから、毎日を100%回復してスタートすることができるのは、当たり前にできるようで、多分ほとんどの人ができないことなんじゃないかと思う。

 

そして、作り出した朝の時間で、ブログを書いたり、本を読んだりすることができると、「今日もブログを書くことができた」という成功体験ができる。

 

これは自己満足なのかもしれないけど、この朝の成功体験が1日の最高のスタートダッシュを切らせてくれる。

 

朝のスタートダッシュに成功すると、その後の過ごし方も充実する。

 

冴えた頭で午前中の仕事に当たれば、その日の仕事は大体片付いてしまうんだ。

 

そんな「余裕」のある一日のスタートが次の「余裕」を作りだしていく。そんな一日の好循環は、「夜早く寝ること」からスタートしているんだ。

 

逆に、毎日のように夜更かしをしている人はこの、睡眠不足で疲れが溜まったまま一日がスタートする。

 

週末に寝貯めをしているという人もいると思うが、これは自分の生活習慣を乱れさせているので逆効果だ。

 

毎日決まった時間に寝ること、これが自然に疲れをとる唯一の手段なんだ。

  

「朝早く起きれない」、「疲れが取れない」と悩んでいる人は、是非「早寝早起き」を一度実践してみてもらいたい。

 

失った夜の時間よりも、得られるものの方がはるかに大きいことを実感してもらえると思う。

  

  • この記事を書いた人

ジェームス

神奈川出身。地方公務員(行政職)を10年勤務。 高校、大学と平凡な人生を歩み、安易な理由で入庁。以後、ポンコツ公務員として勤しむ。 趣味は登山、野球観戦。ヤクルトスワローズが好き。

-健康・生活改善, 睡眠, 読書