節約 貯金 資産形成・家計改善

【賃貸物件でもOK】電力会社を乗り換えて毎月の電気代を安くしよう【まるで格安SIM】

人生の6大固定費の一つ「光熱水費」は節約するのが難しいと思っている人も多いのではないだろうか。

 

光熱水費の節約と言ったら、エアコンの設定を変えるとか、お風呂をシャワーだけにするとか、僕も「我慢」してするものだと思っていた。

 

でもそんなことはないんだ。

 

まるで携帯電話の通信プランを格安SIMに変更するように簡単で効果的に節約することができるので、まだ大手の電力会社と契約している人は是非試してみてほしい。

 

この記事では電力会社を乗り換えて電気量を安くする手順について詳しく解説する。

 

電気会社の乗り換えで年間1~3万円の節約

光熱水費を無理なく節約する方法は「電力会社」を乗り換えることだ。

 

2016年に「電力自由化」がスタートしたことで、大手電力会社以外の小売り企業と契約を結ぶことが可能になったんだ。

 

家庭用の電気はもともと、各地域を管轄する大手電力会社10社のみの販売供給だったから、市場の競争原理が働いて、自分に合った料金プランやサービスを選択することができるようになったんだ。

 

自分にあった料金プランで契約できれば、年間1~3万円程度の節約を実現することができるだろう。

 

賃貸物件でも電力会社の変更が可能

「うちは賃貸物件だから電力会社を変えるのなんて無理なんじゃない?」

 

そう思っている人も多いと思う。僕もそう思っていた。

  

入居者が電気の契約会社と直接契約を結んでいる場合」は基本的に変更が可能だ。

  

直接契約をしているかは毎月の検針票で確認してみよう。

 

契約名義が自分の名前になっているなら、契約会社を変更しても問題ない場合が多い。

 

賃貸で電力会社の契約変更ができないケース

賃貸アパートやマンションでも、基本的には電気の契約会社変更ができる。

しかし、主に次の2つの場合は契約会社変更ができないため、気をつけよう。

 

①高圧一括受電契約をしている物件の場合

高圧一括受電契約は、建物まるごと管理会社などが電気の契約を結んでいるスタイルのことだ。

 

契約名義が本人でないため、この場合は契約変更をすることができない。

 

物件が高圧一括受電契約かどうかは、検針票や請求書などを調べることで確認できる。

 

②管理会社や大家さんが電気代を一括徴収している場合

賃貸物件によっては、管理会社が電気代を一括で徴収し、特定の電気の契約会社にまとめて支払っているケースもある。

 

この場合も個別契約ではないため、新しい契約会社に切り替えることができない。

 

電力会社の乗り換え方法

ここからは実際の電力会社乗り換えの方法を説明する。

小一時間ぐらいで申し込みまで完了するので是非やってみてほしい。

 

①毎月の電気使用量と契約内容を確認する

毎月送られてくる検針票か、電力会社のウェブサイトで電気使用量と契約内容を確認しよう。

  

もし、検針票もウェブサイトも見れなくても、先月の電気料金がわかれば「電気料金比較シミュレーションサイト」で比較することができるぞ。

  

②料金をシミュレーションする

電気料金の比較はネットで簡単にできる。

 

「価格ドットコム」などのサイトでシミュレーションしてみよう。

  

価格ドットコム 電気料金比較

エネチェンジ 電気料金比較

楽天エナジー 電気料金比較

 

シミュレーションに必要な内容は

  • 世帯人数
  • 在宅状況(昼・夜)
  • 現在の電力会社
  • 契約プラン名
  • アンペア数
  • 先月の電気代

 

現在のプラン名がわからなくても、入居時から契約を変更していない場合は、契約名は「従量電灯B」の場合がほとんど。

 

アンペア数は、ブレーカーに記載してあるアンペア数と一緒の場合が多いぞ。

 

比較サイトの注意点

シミュレーションサイトによっては「初年度」だけ節約額が大きい電力会社が最初に表示される場合がある。

 

次のスクショは、価格ドットコムでシミュレーションした結果で、最初に出てきた契約プランだ。

  

 

「グリーンオクトパス」が最も節約額が大きく、20,470円の節約になるんだけど、内訳をみると電気代は470円しか安くなっていない

 

初年度の特典として20,000円が還元されるのが原因だ。

 

初年度限定のキャンペーンに惑わされず、複数年で電気代がお得になるかをしっかり比較しよう。

  

③新しい会社に申し込みする

料金の比較をしてみると、結構な金額が節約できることがわかると思う。

  

比較シミュレーションサイトからそのまま手続きすることが出来る場合が多いので、そのまま手続きを進めてみよう。

 

ちなみに切り替えの際は次の情報が必要なので、検針票か電力会社のウェブサイトから確認しよう

・現在の契約会社名
・現在の契約会社のお客様番号
・供給地点特定番号
・切り替え希望日
・本人確認書類

 

④契約中の会社に解約届は不要

新しい電力会社に申し込みをすれば、自動的に今の電力会社とは契約解除になる。

 

ちなみに引っ越す場合は契約中の電力会社へ使用停止の連絡が必要になるから忘れずにしてほしい。

 

⑤申し込みから3週間程度で乗り換え完了

ネットで申し込みが完了したら、3週間程度で乗り換えが完了する。

 

乗り換えにともなって電気メーターの交換などは基本的には発生しない。

 

というのも、電気メーター自体の設置は現在契約している電力会社のものをそのまま使用するからだ。

  

まとめ 電力会社の変更で固定費を下げよう

電力会社を乗り換えることができるのは知っていたけど、何だか面倒くさそうと思って何もしてこなかった。

 

調べてみると思った以上に簡単に乗り換えできて、まるで携帯電話を格安SIMに切り替えるように簡単で、僕の場合は年間20,000円も節約になった。

 

大手電力会社と契約している人は、簡単に電気量を安くすることができるので、是非実践してもらいたい。

  • この記事を書いた人

ジェームス

神奈川出身。地方公務員(行政職)を10年勤務。 高校、大学と平凡な人生を歩み、安易な理由で入庁。以後、ポンコツ公務員として勤しむ。 趣味は登山、野球観戦。ヤクルトスワローズが好き。

-節約, 貯金, 資産形成・家計改善