健康・生活改善 睡眠

【人生を好転させる魔法の習慣】昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です【井上皓史】

ポンコツ公務員の俺は、毎朝7時30分に起きてギリギリに出社し、ダラダラ仕事を続けて帰宅し、夜は遅くまで暇をつぶす毎日を続けていた。

  

そんな俺が朝活に目覚めたきっかけの一つがこの本。

 

 

今回はこの本の内容について自分の体験談を交えながら解説していきたいと思う。

   

早起きするとやりたいことができる時間が増える

早起きの一番のメリットは何といっても使える時間が増えることだ。

  

早起きすると心身ともにすっきりとした状態だし、時間があるから心にも余裕が生まれる。

 

朝ほど重要なことをするのに向いている時間はない。

  

できれば、朝起きてスマホやテレビを見てぼーっ無駄な時間を過ごすことがないよう、近くのカフェに行って勉強や市ごろに集中すると完璧だ。

 

とにかく、重要なことを始めるには朝が最も最適な時間なんだ。

  

仕事終わりはエネルギーを出し切った状態

英語の勉強がしたいとか、資格が取りたいとか趣味に取り組みたいと思っているにも関わらず、使える時間は週末の数時間程度に過ぎない人も多いはずだ。

  

仕事が終わった後は、もう体も脳もエネルギーを出し切って蝉の抜け殻のように疲れ切っている。

 

そんな疲れ切った状態で勉強をしても非効率なだけだ。

 

だから、大切なことは朝早く起きてやるべきなんだ。

    

世界の成功者たちにも早起きが多い

実際にナイキのCEO「マークパーカー」は5時に起きて1時間の運動をする。

  

アップルのCEO「ティムクック」は4時半に起きて6時までに部下にメールを済ませる。

  

スターバックスの元CEO「ハワードシュルツ」も4時半に起きて6時前には出社する。

 

彼ら成功者の習慣を真似しない手はないだろう。 

 

22時に寝て5時には起きる

この本では朝5時に起きることをお勧めしている。

  

朝の時間が30分間では何も変えられないし、1時間でも少ない。

 

しかし、2時間あれば人生は少しづつ変えていける。

 

1時間はシャワーや朝食、着替えに使うとしたら、やはり朝5時には起きておきたいということだ。

  

早起き過ぎるもの問題

5時より早い時間に起きても構わないが、頭がぼーっとしてしまったり、2度寝してしまう可能性がある。

  

たっぷり睡眠時間を取ったうえで早起きしなければ何の意味もない。

 

だからこの著者は夜22時に寝て、7時間たっぷり睡眠をとって、朝5時に起きているという訳だ。

  

もちろん人によって睡眠時間は違うから、朝の2時間を確保できるよう、起きる時間と寝る時間を調整してみてほしい。 

 

早起きすると会社からの信頼と評価が上がる

早起きした時間を仕事に使うと会社からの信頼が得やすいとこの本に書かれている。

  

想像してみてほしい。会社に着くと必ず二時間前に出社して黙々と仕事をしている人を見たらどう思う?

  

凄いやる気だなって思うだろう。こいつはただものではないと思うはずだ。

  

逆にみんなと一緒に時間に着て、みんなと同じように2時間残業して帰るやつを見ても何も思わないだろう。

  

早起きは自己管理ができている証拠

早起きを継続できるということは、その人が自己管理を徹底しているという証拠だ。

   

実際にこの本の著者は会社員のころ、始業時間より2時間早く出社するようにしたそうだ。

  

すると、朝の冴えた頭で仕事に集中できるので、効率的に仕事をこなせるようになり、昼過ぎにはもう一日に仕事をほとんど終えている状態になっていた。

 

もちろん残業をする必要もなくなり、社内での評価も上がり、ついにはその会社の始業時間が朝の10時から朝9時に変更されることになったそうだ。

  

それくらい早起きをして何かに取り組むと大きな結果が得られやすいということだ。

 

早寝早起きをすると行動的になりやすい

22時に寝て朝6時に起きるのも、深夜4時に寝て11時に起きるのも、睡眠時間は同じ7時間だが、疲れが全く違う。

  

朝に太陽の光を浴びて脳からセロトニンを出して活動した方が、精神的にも安定しやすいくなるし、アクティブに活動することができる。

 

何より、「朝早く起きられた」という成功体験から一日が始まると、前向きに行動しやすくなるものだ。

  

早起きしてネガティブ思考になる方が難しいだろう。

  

早く起きて1時間で勢いづけてしまえば、その日一日も行動的になるはずだ。

 

朝起きて1時間をダラダラ過ごしていたら、その日1日もダラダラしたものになる。

 

早起きをするコツ

早起きのメリットを理解したところで、早寝早起きをするためには具体的にどうすればいいのかを説明していこう。

   

早起きの目的を明確にすること

早起きをするコツの一つ目は「早起きの目的を明確にすること」だ。

 

あなたは必至で作り出した朝の二時間をどう活用する?それが決まっていないなら早起きはできない。

 

早起きして何をしていいのかわからないという人は、結局早起きをしても家でテレビやスマホをダラダラと見て時間を過ごしたり、早く起きたにも関わらず二度寝したりして、結局早起き自体を止めてしまうんだ。

 

早起きは目的を達成するための手段

なぜうまくいかないかというと、早起き自体を目的にしているからだ。

 

早起きはあくまで何かの目的を達成しするための手段だ。

 

だから自分に問いただしてみるんだ。

 

自分がどうしても欲しいものは何なのか。

自分の人生で何を成し遂げたいと思っているのか。

 

早起きのご褒美があると継続しやすい

目的を決めたらちょっとした楽しみを作るといいだろう。

 

朝にちょっとした楽しみがあると早寝早起きがより続きやすくなる。

 

例えば、朝、喫茶店に行ってモーニングサービスを受けるとか、毎朝少し豪華な朝食をとるとか、見晴らしの良い場所で綺麗な朝日をみるとかだ。

 

そんな感じで朝早起きをする前に、目的と楽しみの2つを持っておかなければならない。 

 

夜にやっていることを朝に回してさっさと寝る

早起きをするために一番大切なのは早く寝ることだ。

 

早く寝ることができれば自然と早く起きられる。

 

そこで、夜にやっていることの中で、朝に回せるものはすべて朝に回してしまうことだ。

 

スマホは寝る前にみない

夜は決まった時間になったらサクッと寝て、どうしてもスマホや映画が見たいのなら次の日の朝に見ることだ。

 

夜にテレビやパソコン、スマホに触れていると眼が冴えて寝つきが悪くなるから、スマホに触るのは夜ではなく朝にした方がいいだろう。

 

夜に自分がやっていることを書き出してみて、朝に回すことができるものは朝に回してしまうことだ。

 

頑張らなければならないのは、毎朝5時に起きることではなく、毎晩22時に寝ることだ。

 

柔軟性をもってやる

夜22時に寝ると決めたとしても、人間だから守れない日もある。

 

人間生きていれば仕事の納期や人間関係、恋愛、飲み会、同窓会などでどうしても22時に寝ることができない日もある。

 

自分なりのルールを決める

もちろん早起きをするというルールはとても大切なことだが、早起きをずっと続けるためにも柔軟性を持つ必要がある。

 

そこでこの著者は月に2回まではルール通りにいかない日を作っているそうだ。

 

とにかく、特別な日は柔軟性を持たせてから普段の生活に戻ったら、いつも通りちゃんと早寝早起きを徹底していくのがいいだろう。

 

インプレッション

俺が早起きに目覚めたきっかけになったといっても過言ではないこの一冊。

 

もともとは夜遅く寝て、出社ギリギリまで布団の中で過ごしていた俺の人生はこの本で好転した。

 

就寝時間を決めて区切りをつける

最初の内は中々早起きをするのが難しかったが、夜10時に必ず寝るというルールを決めた所、自然に朝起きることが出来るようになった。

 

寝る時間を決める良いところは何も早く起きることができるようになるだけではない。

 

夜10時に寝るという区切りをつけたことにより、ダラダラと時間を浪費しなくなった。

 

それまではテレビやSNSでダラダラと暇つぶしをして、眠くなったら寝ればいいという生活が変わったのは非常に大きなプラスになった。

 

起きる時間はこだわらなくて良い

個人的には朝5時に起きることにこだわる必要が無いと思う。

 

その日の体調や疲れによって必要な睡眠時間が変わるから、起きる時間は前後して構わない。

 

ただし、一度目覚めたら二度寝はしないということに決めている。

 

なので、夜10時に寝るようになってからは目覚まし時計をかけたことは一度もない。

 

早起きに成功すると人生が好循環する

早起きに成功するとそれだけで達成感があり、やる気が溢れてくる。

 

朝の光を浴びて、コーヒーを淹れ、ユーチューブでスタバのBGMを流しながらブログの執筆。

  

出社前に1記事書き終えることが出来れば、もうその日は合格点だ。

 

気分が良い状態で早めに出勤し、早めに仕事に取り掛かることができれば、定時帰りは難しくない。

 

そして、疲れた体を癒しながら自由な時間を過ごして、また夜の10時に眠る。

 

「早寝早起き」は人生のすべてを好循環させる魔法の習慣なんだ。ぜひ試してほしい。

 

  • この記事を書いた人

ジェームス

神奈川出身。地方公務員(行政職)を10年勤務。 高校、大学と平凡な人生を歩み、安易な理由で入庁。以後、ポンコツ公務員として勤しむ。 趣味は登山、野球観戦。ヤクルトスワローズが好き。

-健康・生活改善, 睡眠